結婚の知識情報のおすすめ!

結婚式は男性はスーツで

結婚式に男性が出席する場合の服装は、ほとんどスーツというケースが多いです。結婚式に出席する時に必ずスーツでないといけないというわけではありません。ただ今では一般的になっています。スーツは結婚式や披露宴、その後の二次会など、どこの場でも合うということもあるのでおすすめします。

スーツは年齢に関係なく、ブライダルにふさわしい服装でしょう。結婚式で着用するスーツに適した色は、やはり黒のスーツに白のワイシャツです。ネクタイは、白あるいはグレー系などが一般的でしょうね。近頃では結婚式のスーツに色のついたシャツを着るというケースもあるようです。

また結婚式のスーツの形としては礼服やディレクタースーツなどが一般的に良いとされています。結婚式に平服で参加というのが多くなったので色調さえ抑えてしまえば、結婚式でスーツを着ていて浮いてしまったということはないでしょう。スーツで失敗するとしたら派手な色を選んでしまう場合だと思います。結婚式で着用するスーツは色彩の選び方が重要になってきます。

結婚に関する知識や話題のサイトです。結婚間近の人や結婚を考えている人に役立つとうれしいです。


結婚の知識情報 Pick Up!

結婚相談所とは結婚したいと考えている独身の男女に結婚を前提とした出会いを提供したり、実際に会う機会をセッティングしたり、交際から結婚に至るまでをトータルにプロデュースする結婚情報サービスのひとつです。サービスを提供する結婚相談所の規模は様々で1~数人で運営している小規模のものから数千名以上の会員数を誇る大規模のものまでいろいろです。

結婚相談所を利用するメリットは何かというと、ひとりひとりに対して専属の担当者が付くことで、出会いから結婚までの相談および支援をきちんと面倒みてくれることでしょう。気に入った相手への申込みや、見合いの日取りのセッティング、お見合い後の交際するかどうかを伝えてくれたり、さまざまな事を親身になって面倒見てくれます。

もちろん結婚相談所にはメリットだけではなくデメリットもあります。大規模の結婚情報サービスのように相手についてインターネットで気軽に検索ができない点があります。またアドバイスを受ける担当者と話し合いをする時間が多かったり、詳しいプライバシーについても聞かれることもあります。

ご祝儀袋の書き方にもマナーがあります。結婚式に出席する時のご祝儀袋の書き方は基本は毛筆で書きましょう。小中学生の子供がいる人でもなければ毛筆といっても困るので筆ペンで書くのもOKです。筆ペンなら年賀状を書くときに使う人もいるでしょうし、他にもあれば便利なので結婚式出席の機会に買ってしまいましょう。万年筆やボールペンで書くのは簡単ですが結婚式のご祝儀袋の書き方としては避けたいですね。

筆ペンで書くことがどうしても苦手という場合はサインペンで書きましょう。筆記具の次に大切なのは色です。やはり黒色で書くのが祝儀袋のマナーです。そして結婚式などのお祝い事では濃い黒で書きましょう。

結婚式でのご祝儀袋の書き方の表書きは名字だけでなく必ず姓名両方とも書くのが基本です。字のうまい下手よりもあなたが心をこめて、ご祝儀袋の表書きをすることが相手に伝わるのでそんなに気にしなくても良いです。あなたにとって大切な友人や先輩後輩の結婚を祝福するためのご祝儀袋ですから気持ちを込めて丁寧に書けばOKです。

また中包みがあるご祝儀袋の場合は中包みに中に入れるお祝い金の金額を書きます。壱萬円や壱万円とか無理して難しい漢字で書かなくて一般的に使っている一万円で良いと思います。

結婚式のファッションのマナーは男性よりも女性は気を配りたいです。男性の場合はマナーと言っても一般的にフォーマルなファッションであれば問題ありません。女性にとってブライダルファッションは重要なものですから、花嫁よりも目立ってはいけません。新婦が主役ですから、その辺をわきまえて結婚式には出席しましょう。

例えば白は花嫁の色なので、白い服は避けましょう。バックなど小物は大丈夫です。また全身黒づくめのファッションもお祝い事には似合わないません。黒の色使いも工夫しましょう。

結婚式に出席する女性にとってもパーティドレスなどドレスアップできる場です。新郎側に出席している男性との出会いを求めたい人もいるでしょうが、花嫁よりも目立つ服装は避けたいですね。男性の視線を集めるような極端な肌の露出も避けましょう。

要は結婚式のファッションのマナーは花嫁よりも控えめ、主役は新婦ということを守った服装が一番です。結婚式に出席するくらいですから、仲が良いか、大切な人なのですから、華を持たせて上げましょう。

結婚式の招待状の返事は軽く考えてしまいがちです。特に新郎や新婦が友人や同僚など親しい間柄だった場合、口頭で返事したり、携帯電話やメールなどで結婚式の出欠の回答してしまうこともあるでしょう。相手に出欠を直接伝えたからといって結婚式の招待状の返信を出さないのは避けましょう。

というのも結婚式の出欠席の集計をするのは新郎、新婦とは限りません。結婚式場のスタッフが招待状の返信を待っていることもあります。出欠の返信が来ないと人数が分からないので、披露宴の料理や座席表などの手配が遅れてしまいます。

招待状には出席なのか欠席なのか回答するための返信用ハガキが同封されていることが多いです。その返信用ハガキを使って期日までに出欠を回答することはマナーと思ってください。